コンプレックスを改善【そばかす部分に塗るだけの簡単な治療】

目元

選び方のポイント

眉ティントは細かい部分まで描きたいなら細筆を、太眉なら平筆タイプがおすすめです。また選ぶときは自分の髪色に近いカラーを選びましょう。肌への刺激を考えて防腐剤やエタノール無配合か、配合されていても量が少ないかをチェックすることも大切です。

詳しく見る

メイク道具

新しく変わる化粧事情

時代とともにコスメを使う年齢、買う手段などがかわっていっている。やはりネット社会の現代。商品を手に取り吟味して購入と手間のかかる事は極力避けネットでの口コミなどを参考にして購入している人が多いようだ。安いものの中にも優秀コスメが隠れている。

詳しく見る

基礎化粧品

成分を確認する

ほうれい線対策には美容液を使うことをおすすめします。それには配合されている成分を確認してみましょう。コラーゲンやヒアルロン酸などが効果的だと言われています。また、ランキングサイトなどを参考にして商品を選んでみましょう。

詳しく見る

基礎化粧品

肌の若さを保つために

40代に入ると肌の水分量はどんどん減っていくため、基礎化粧品で保湿していくことが大切です。ヒト型セラミド配合の化粧水や保湿クリームなら水分をしっかりと保持できるので、若々しい肌を保つためにも使用していきましょう。

詳しく見る

女性

人気の理由を確認しよう

そばかす治療は施術が豊富ということから人気です。レーザーや光を照射する施術は即効性があります。ケミカルピーリングやイオン導入は、肌にレーザーなどを照射することに不安を感じる人におすすめです。他には内服薬や外用薬での治療も行われています。

詳しく見る

内服・外用薬の特徴

女性

施術の特徴をチェック

そばかすの治療にはレーザーや特殊な光を肌に照射するという方法もありますが、顔にレーザーなどを当てることに恐怖心を感じる人も少なくありません。痛みが苦手でレーザーでの治療ではなく、他の方法でそばかすを消したいという場合は、内服薬や外用薬での治療を検討してみましょう。レーザーなどを使った治療法のような即効性は無いものの、薬を飲むだけ・塗るだけの手軽な治療ですので、痛みが苦手という人も安心して受けられます。そばかすの治療として処方されるケースが多い内服薬は、トラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEといった成分を配合している薬です。この中でも特にそばかすに効くと言われているのがトラネキサム酸で、そばかすの要因となるメラニン色素を作る、メラノサイトという細胞に働きかける作用があります。ビタミンCやビタミンEには優れた抗酸化作用があり、メラニン色素を薄くする作用や、排出する作用を促すという効果が期待できます。外用薬で処方される機会が多いのは、ハイドロキノンやトレチノインといった美白クリームで、そばかす部分に塗るだけの簡単な治療です。ハイドロキノンはメラニン色素自体を薄くする効果が、トレチノインは肌のターンオーバーを促進し、メラニン色素の排出を促します。内服薬・外用薬ので治療は肌へのダメージが少なく、また通院する回数が少ないという魅力があります。忙しく頻繁にクリニックに通えないという人は、内服薬や外用薬でのそばかす治療もおすすめです。

Copyright© 2018 コンプレックスを改善【そばかす部分に塗るだけの簡単な治療】 All Rights Reserved.